« 150207-08 鹿沢スノーエリア | トップページ | 150228-0301 水上高原・宝台樹 »

2015-02-15

150215 奥利根スノーパーク・宝台樹

42046d3_150215

ちと降りすぎ。

仕事が佳境を迎えている中、時間を作ってゲレ練へ。今シーズンはいつになく滑走欲が高い。できればパウダーではなく、フツーのコンディションで練習したかったのだが、ドカ雪で願いかなわず。悲しいやら、嬉しいやら。

1日フルに滑りたかったので、早朝営業・ナイター営業をやっている奥利根スノーパーク(OSP)へ。さすがに1日中となると飽きるので、日中は近くの宝台樹へ転戦するという作戦。

タイトル画は、藤原の当日までのアメダスデータである。当日朝までに降り始めから1m近く積んでおり、もう少し標高の低いOSPでもかなりの積雪。おかげで6時営業開始が、整備のために1時間近く遅れた。

Dsc02129_r

板は必然的にCharger BC。これでここまで深いパウダーを滑るのは初めてだ。

リフトで上がってみると、斜度が緩い向山ゲレンデはあまりスピードが出ない。メインのくらししゲレンデが丁度よい感じ。軽く腰上。泳ぐようにして下る。最近はゲレパウを狙うことが無かったので、久々の感触。テレならではの浮き沈み感を楽しむ。

日曜ということで、早朝とはいえ人出は多い。林間コースはすぐにズタズタ。くらししゲレンデもアクセスしやすいところから潰されていく。ただ、向山~くらししへは、他人のトレースを追ってスピードをつける人が多く、少しラッセルをすればしばらくは楽しむことができた。9時の早朝営業終了で、ちょうどパウダー祭りも終了の感じだった。

Dsc02127_r

車に戻ってみると、新たな積雪が20センチほど。そしてまだ降り続いている。こんな大雪でなければ、BCクロカン装備で、路線バス+シャトルバスを使って宝台樹に行くことを考えていたが、全く無理な状況。車で移動することに。

Dsc02128_r_2

おそらく12年ぶりの宝台樹。山奥に位置する宝台樹は、OSPにも増して大荒れの天気。昼寝と昼食後に午後券で滑走開始するも、上部のリフトは強風により運休。しばらく、面白みのない下部ゲレンデを流していると、徐々に天候が回復してきた。

いいタイミングで第9クワッドが運行開始し、第9コースや成平コースへ。深すぎて進まない人々大勢。少し荒れたほうがスピードが出て楽しかった。一度回復しかけた天気も、再度悪化。クワッドはノロノロ運行になり、ついには運休。まぁ、おいしいところは滑れたのでよしとする。

仕方なく板をSTINGER XCDに換えて2,3本。さらに風雪が強まって視界も悪くなったところで終了。ナイター滑走のためにOSPに戻る。

ナイター開始まで時間があったので、濡れ物を乾かしながら午後寝。どうもシェルパンツの水浸みがひどくなってきて、降雪中に2,3時間も滑るとアンダーウェアまで濡れてしまい、寒くて滑っていられない状態になってきた。今年で5シーズン目のMountain Surf Equipment、そろそろ寿命なのか。

Dsc02134_r_2

OSPナイター開始直後は、降りも激しく、日中荒れたゲレンデがみるみるリセットされていく。さすがに完全リセットとはいかないものの、朝の雪より軽い、かなり気持ちの良い雪だった。OSPで、ここまでコンディションいいのは初めてだ。今まではガリガリ、ボコボコしか滑ったことがなかった。

何だかんだでOSP、便利でお気に入りである。そこそこ近くて営業時間が長く、コンパクトな割に練習になる。ゲートハウスも建て替えられ、勢いも感じる。ぜひこの営業スタイルを続けてほしい。

練習dayのつもりが、パウダーday。まぁ、テレでのパウダー滑走練習にはなったか。断続的ながら、午前7時から午後10時まで滑り続けた1日だった。

|

« 150207-08 鹿沢スノーエリア | トップページ | 150228-0301 水上高原・宝台樹 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/61553471

この記事へのトラックバック一覧です: 150215 奥利根スノーパーク・宝台樹:

« 150207-08 鹿沢スノーエリア | トップページ | 150228-0301 水上高原・宝台樹 »