« 150416 奥只見丸山 | トップページ | 150502-06 志賀高原 »

2015-04-19

150419 焼山北面台地

Dsc02480_r

Taroさんチームとウロコセッション。

丁度よい具合に、月曜日に富山で仕事が入った。当然ながら前乗りを計画。富山か金沢周辺の山を滑ろうと思い、現地情報を求めてTaroさんに連絡を取ると、日曜なら出動可能とのこと。これ幸いと同行させてもらうことにした。

当初の予定は別山のチブリ尾根だったが、日が近づくにつれて天気予報が悪化。全国的に下り坂の中、まだ午前中は持ちそうな焼山へ転進。名高き北面台地へ向かう。焼山は初めて。近くの昼闇山や高松山を滑った時に拝んだことがあるのみ。いつかは行きたいと思っていた山だ。

Dsc02474_r

勝負は午前中ということで、午前5時前に笹倉温泉を出発する。昨夜、北陸新幹線の終電で金沢入りしてからほぼ徹夜状態だが、まぁ何とかなるだろう。道具はBCクロカンで挑む。

メンバーはTaroさん、Yさん、Uさん、Kさん、私の5名だったのだが、Yさんは痛恨のブーツ忘れでお留守番となってしまった。

Dsc02475_r

出発して橋を渡ると、台地に乗り上げる急斜面が始まる。4月とはいえ、早朝の雪は締まっている。林道はほぼ雪に埋まって斜面状になっているので、斜面にエッジを叩き込みながらのトラバースの連続だった。何とかアイゼン無しで乗り切る。

Dsc02492_r

小さなアップダウンを越えて、しばらくしてアマノ平という平原に出た。ウワサの北面台地はここからまだ一段上がったところだ。なるべく楽そうな場所を探して歩き回った。

Dsc02494_r

このあたりは小さな凸凹が多く、ウロコ向きの斜面が多い。木の間隔も程よい。

Dsc02495_r

そして、ようやくお目当ての北面台地に出た。とても美しいスロープ。焼山からの噴出物が物理法則に従って流下、堆積した結果なのだろう。手前の斜度は想像していたよりも斜度が緩く、まさにクロカン向き。

Dsc02496_r

ここからは我慢の登り。長い。頂上は目指していないものの、いい斜面のなるべく高い所に行きたい。遠目からは単純で素直な斜面だと思って登っていくと、意外とうねっていたり、フォールラインの方向が違ったりする。そんなわけで、その先その先と斜面を追っていくことになった。

Dsc02499_r

最終的には頂上への急斜面が始まる手前、標高1870m付近で終了とした。この頃には雲が広がり始めた。

Dsc02504_r

Taroさんと2人で、他のメンバーが待つ場所まで降りていく。雪質はザラメ。ただし、緩んだ雪の層は薄く、下地が硬い。かなりビビりながらの滑りとなった。流される板を必死に止めようと、ガチガチに力が入ってしまう。

その点、Taroさんは高いポジションで優雅に滑っている。板のズレに上手く乗っているように見える。ううむ、まだまだBCクロカン道は奥が深い。

Dsc02506_r

標高1800m付近で全員合流すると、そこから先は快適なザラメだった。所々縦溝があるので、それを避けながら滑る。ようやく落ち着いて滑ることができた。

Dsc02507_r

地図上に大曲と記してある標高1600mから下はさらに快適だった。斜度も緩み、幅も広がり、どこを滑っても気持ちが良い。特に気に入った場所で登り返しタイム。3本ほどリピート。雨がポツリ来たところで下山。

ここから先も消化試合という訳ではなく、ウロコ的にはむしろ楽しい時間だった。自然の地形を生かしたパークのような感じで、飽きることがない。歩きセクションも良いアクセントになった。

午前11時過ぎには笹倉温泉に到着。風呂に浸かっている間に本降りの雨になっていた。

Track_150126_r

本日のトラックデータ。

焼山北面台地。噂に違わぬ名斜面だった。次回は山頂まで雪が緩んだタイミングでクロカン滑走をしてみたいところ。そして、一緒に滑ってくださった皆さんに感謝。皆さんの安定した滑りに大いに刺激を受け、まだまだ上手くなれるはずと、さらに滑走欲が増したのだった。

|

« 150416 奥只見丸山 | トップページ | 150502-06 志賀高原 »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/62288564

この記事へのトラックバック一覧です: 150419 焼山北面台地:

« 150416 奥只見丸山 | トップページ | 150502-06 志賀高原 »