« 150522 栂池自然園・船越の頭 | トップページ | 150624-25 鳥海山 -第1日- »

2015-06-07

150606-07 乗鞍納会

Dsc02706_r

一応納会。

この時期に乗鞍でジンギスカンをやらないことには、季節は進まないのである。最近は6月下旬に鳥海詣が恒例となっているため、本当の板納めはまだ一カ月ほど先。それでも気持ちがシーズン〆に向かっていくための重要な儀式。

初日はここ数年で最悪の天気。ガス・風・低温の揃い踏みで、大雪渓の避難小屋に籠りっきりになった。どうにかこうにか、帰りのバス直前にガスの晴れ間を狙って小屋前を一本滑ったのみ。不完全燃焼である。ジンギスカンも山を下りてから三本滝駐車場での開催となった。

Dsc02701_r

翌朝は昨日のモヤモヤを吹き飛ばすような快晴。いつもなら適当に飲み食いして帰路につくパターンのところ、気合十分で山に上がる。

Dsc02711_r

めずらしく、2日連続で上がるえむとら氏。今日は彼もウロコ板(G3 STINGER XCD + DIAMIR VIPEC)なので、ウロコセッションである。これまで事あるごとにウロコの楽しさを説き、一緒にツアーに行けばウロコの楽しみ方を実践し、その魅力を伝えてきた。そしてついに今シーズン、この世界に引き込むことに成功した。今後はBCクロカン、少なくともテレの世界へ引きずり込む計画だ。

晴れ晴れした表情をしているが、足元は縦溝クッキリである。雪が軟らかいのが救いか。肩の小屋手前の、少し斜度が緩んだ斜面で二本ほど遊ぶ。

Dsc02718_r

今シーズンは乗鞍も雪が少ないので、肩の小屋経由で夏道を使った。何年も乗鞍に通っているが、このルートを歩くのは初めてかもしれない。雪が少ない状況では、無理に細い雪渓を直登するよりも、素直に夏道を歩く方が楽だ。特にBCクロカンであれば足元は登山靴と遜色なく、そして背中も軽いのだ。

Dsc02725_r

サクサクと登って剣ヶ峰へ。稜線付近はやや雲が湧きあがり、頂上に着くころには雲海が形成されていた。

Dsc02724_r

噴煙(水蒸気)を上げる御嶽山。概ね2800m以上が頭を出しているようだ。

Dsc02733_r

ガス待ちしながら頂上から少し下り、蚕玉岳とのコルから県道にダイレクトに落ちるラインを滑る。出だしはそれなりの斜度があるものの、昨シーズンもBCクロカンで降りているので問題は無い。ここは縦溝も少なく、滑りやすかった。

Dsc02738_r

ちょうど晴れて良いタイミングだった。

Dsc02744_r

この先、少し幅が狭いが、しっかりターンできるレベル。

Dsc02751_r

下部もきれいなフラットバーン。昨年よりコンディションは良いかもしれない。幅も広いのでゆったりと板に身を任せて滑り降りた。

Dsc02755_r

まだ少し滑り足りないので、場所を移してウロウロタイムを画策する。バスの車窓から見えた広大な緩斜面を目当てに、県道ヘアピンの先へ。一本滑って大休止。そして、昼食を田部ながらこの後の行動を考えているうちに、写真左奥の斜面が気になってきた。先行者もいるようだ。まだ滑ったことのない斜面に俄然やる気が湧いてくる。

Dsc02758_r

高天ヶ原手前の沢筋を辿り、剣ヶ峰東面に回り込むと、そこには面ツルの大斜面が広がっていた!適当なところでハイクを止めるつもりが、きっちり雪渓上端まで登ってしまった。標高2850m。癖のない一枚バーンのおかげか、縦溝はほとんどない。途中まで一本滑り、二本目は下まで滑る。今シーズンかなり上位に入る気持ちよさだった。BCクロカンと雪のマッチングが良かったおかげだろう。

Dsc02765_r

ナイスザラメ。雪の多いシーズンなら、もっと上から行けるのだろうか。蚕玉岳コルからの一本とセットで定番コースに認定したいところだ。

Dsc02777_r

ヘアピン前の斜面でもう一本。

Dsc02788_r

さらに、しつこく富士見岳方面に移動して位ヶ原へ一本。ここは上部の急斜面は良かったが、沢底からは修行だった。これはいつものことである。

1433655807548_r

そしてお約束の藪も堪能し、終了。いつになくよく滑った納会であった。

Track_150607

本日のトラックデータ。

|

« 150522 栂池自然園・船越の頭 | トップページ | 150624-25 鳥海山 -第1日- »

スキー(山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/62418187

この記事へのトラックバック一覧です: 150606-07 乗鞍納会:

« 150522 栂池自然園・船越の頭 | トップページ | 150624-25 鳥海山 -第1日- »