« 150624-25 鳥海山 -第2日- | トップページ | 151224 チャオ御岳 »

2015-11-15

151115 イエティ

20151115_104344_r

シーズン初日から滑り倒す。

いよいよ2016シーズンの開幕である。この時期にゲレンデで滑るとなると、関東圏では狭山、イエティ、軽井沢プリンスの三択である。狭山は短すぎるので、イエティか軽井沢かで悩んだ。一本のコース長で考えればイエティ(公称900m/実際550m)、コース本数なら軽井沢(2本)だが、両者に大差なく、決め手に欠ける。最終的にはアクセスの良さでイエティということに落ち着いた。

1447541515939_r

そして今回は電車とバスで出かけることにした。

イエティは自宅から車で1時間半あれば行けるのだが、日曜日の東名の渋滞は侮れない。しかも、電車とバスを使うと4000円も安上がりなのだ。バス・リフトパック券の存在と、駐車料金と有料道路の有無が大きい。

車…高速代3,000円+燃料代2,000円+リフト券4,000円+駐車料金1,000円+有料道路500円=10,500円

電車バス…電車代2,000円+バス・リフトパック券4,500円=6,500円

ただし、電車バスのデメリットとして、好きな時に帰れないというリスクがある。実質、帰りは1本(16:23)なので、嫌でもそれまで待たなければならない。この時期のイエティで1日中持つのかという不安があった。

20151115_104507_r

その不安を解消してくれたのが、この板の存在だ。

今シーズン、新たに導入したフラットソールBCクロカンである。通常、BCクロカンにはウロコがつきものだが、純粋に滑りを楽しもうとすると、やはりフラットソールの方が気持ち良いのは間違いない。さらに、ウロコでは緩斜面での減速など、実用上不便な要素もあるのだ。ゲレンデで滑り込むには、このようなセットが必要だと感じていたのだった。

そもそもウロコを生かしたくてBCクロカンを始めたのだが、このところその不安定な道具で滑りを極めたいという思いが強くなってきた。その先には、ツアーの行動範囲も広げるという狙いがある。この道具で、より多様なコンディションを安定して滑れるようになれば、おのずと道は開けるはずだ。

板はDynastarのPierra Menta Rockerという山岳スキー競技用の超軽量のものだ。今時、BCクロカンに使えるようなセンター65mm程度のフラットソールの板は殆ど無く、探すのにとても苦労した。アルペン(AT)用ではあるが、軽さ、硬すぎないフレックスはまさにBCクロカン向きに思えた。

20151115_104354_r

さて、ゲレンデはいつもの廊下状態で、雪は前日の雨と気温の高さによって春のザクザク雪の様相だった。滑走開始したのは10時過ぎで、すでに雪面は荒れきっている。一本目は慣れないフラットソール(しかもホットワックス済)が滑りすぎて、棒立ち状態でバランス取るのがやっとだった。ザクザクに荒れた雪面を見ると、それだけでターンするのが恐怖で、テレ姿勢すら取れなかった。

ところが、何となく勢いで滑った2本目。何も考えなかったのが良かったのか、あっさりテレターンで滑ることができた。板が雪に刺さることなく安定して回転してくれるのだ。この高い安定性こそが、新しい板の良さだった。軽い板は往々にして抵抗のある雪に弱いものだが、不思議と安定しているのだ。ロッカー形状が良いのだろうか?キャンバーが強すぎないのも良いのだろうか?

20151115_145616_r

一度コツを掴むと、あとはひたすら滑りを楽しむことができた。アルペンではすぐに飽きてしまうコースでも、滑り甲斐があるのだ。それほどスピードも出ないので、混んでいてもストレスにはならない。むしろ、クイックな動作や障害物を避けるためのトレーニングになる。

途中からは、たまたまリフトに乗り合わせたスノーボーダーのMさんと意気投合して一緒に滑ることになった。おかげで退屈することなく、午後4時まで40本近く滑ることになった。Aコースしかオープンしていないイエティで、ここまで滑ることになろうとは考えもしなかった。

日が傾いてくると気温も下がってきて、ゲレンデのあちこちに硬い雪が顔を出しはじめ、さらにテクニカルなコンディションになってきた。さすがに硬い雪では流されてしまう。今シーズンはこのような硬い雪で、無理に板を止めようとせず、流されながらもどう制御していくかを探究したい。

20151115_163114_r

シーズン初日から内容の濃い一日だった。

|

« 150624-25 鳥海山 -第2日- | トップページ | 151224 チャオ御岳 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35298/62691501

この記事へのトラックバック一覧です: 151115 イエティ:

« 150624-25 鳥海山 -第2日- | トップページ | 151224 チャオ御岳 »