« 160211 会津高畑 | トップページ | 160223 山形蔵王 »

2016-02-13

160213 かたしな高原

Dsc00763_r

久々来訪シリーズ

かたしな高原。名前にとても馴染みはあるのだが、めったに来ないスキー場だ。というのも、わざわざの界隈まで来るのであれば、まず隣の岩鞍に行くことになるからだ。スキー場の規模、斜面の面白さ、施設の充実度からいっても、すべて岩鞍に軍配が上がる。前回訪れたのは20年近く前かもしれない。当時もちょっとネタのつもりで行った記憶がある。今回はシーズン前のイベントでリフト引換券を貰い、久々の訪問となった。
 
さて、そんなかたしな高原であるが、近年の特徴としてはスキーオンリーを守り続けていること、そして子ども向けの設備や対応が充実しているということが挙げられる。特に、ゲレンデ内のロッジは有名で、子どもが小さいうちに一度は泊まりたいと思ってはいた。

20160213_142336_r

これがあこがれのロッジ。本当にゲレンデ内のコース脇にある。週末などはすぐ予約で埋まるということだったが、今日は空きがあるようだった。しかし、今回は戸倉のほうに宿を取っているので、残念ながら宿泊は無し。

Dsc00782_r

天気は下り坂ではあったが、午前中は晴れ、午後も何とか持ってくれた。このスキー場はコンパクトながら、リフト、コースのレイアウトは工夫されていて、意外と奥行き感がある。高速リフトが無く、乗車時間がかかるのも、その奥行き感に一役買っているのかもしれない。リフトはきれいに色分けされている。今時は目立たない茶色や無塗装の灰色の支柱が多いので、ちょっと懐かしい感じだ。

Dsc00785_r

一番下のゲレンデを除くとこのような林を切り開いた廊下系のコースが多い。それほど混んでいないのと、圧雪が良く行き届いているので、末娘も少し急な斜面にチャレンジできた。

夕方リフト終了まで滑り、戸倉で一泊。翌日は戸倉スキー場で滑る予定が大雨で中止。珍しくどこにも寄らず、早めに帰宅した。

かたしな高原スキー場。どんどん子どもたちが大きくなっていくので、我が家はもう来ることはないかもしれないが、小さい子ども連れにはよいスキー場だと思う。場内ロッジもセットでどうぞ。

|

« 160211 会津高畑 | トップページ | 160223 山形蔵王 »

スキー(ゲレンデ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 160213 かたしな高原:

« 160211 会津高畑 | トップページ | 160223 山形蔵王 »